0

iPhone修理にならないための予防グッズ

Posted by author on 2018年6月14日 in 未分類 |

iPhone修理で故障の原因の堂々の1位は、液晶画面が割れてしまう事です。
ですが、iPhoneの液晶画面割れの対策グッズは、いろんな商品が販売されています。
iPhoneの液晶画面が割れて、iPhone修理に出したり、iPhoneを買い換えたりする事に比べたら、対策グッズはどれも安いと言えます。

ではどのような対策グッズが存在するのか、いくつか紹介していきます。
まず液晶画面が割れる原因は、操作中に手が滑ってiPhoneを落下させてしまうためです。
なので、落下防止グッズを使用しましょう。

例えばiPhoneにストラップを付けて、指や手に巻いた状態でiPhoneを操作すれば、地面に落とす心配はなくなります。
またストラップを付ける事で、一目で自分のiPhoneだと目印になりますし、オシャレ度もアップするので、お勧めです。

バンカーリングも、落下防止グッズとして人気があります。
バンカーリングとは、iPhoneの裏にリングを貼りつけ、iPhoneを操作する時に、そのリングに指を通します。そうする事で、iPhoneが指に固定され、落下防止になるという訳です。

ただしバンカーリングは、長時間iPhoneを操作する際に、リングに入れた指が疲れてしまうというデメリットがあります。
またiPhoneの裏に貼りつける事で、iPhoneのかさが増し、ポケットに入れづらく感じるかもしれません。

ストライプとリングが一体化したのか、フィンガーリングです。
フィンガーリングは、指に入れる事も、スボンのバンドに通す事も可能です。
落下防止グッズの中では、1番使い勝手がいいと言えるのではないでしょうか?

次は、落下防止グッズではなく、落下した際の衝撃を緩和させるグッズを紹介します。
画面割れ予防グッズと聞いて、真っ先にイメージするのが、保護ケースという人も多いでしょう。
保護ケースも人気があり、かなりデザインも豊富に販売されています。

ただし注意点としては、iPhoneのサイズと保護ケースのサイズが複数種類あるため、選んだものが入らないという事が稀にあります。
そして保護ケースは、万能ではないという事です。
確かに、落下の衝撃をある程度緩和する事が可能ですが、保護ケースを付けていても画面が割れる可能性はあります。

そのため保護ケースを選ぶ時には、デザイン性以外にも、衝撃吸収の性能と保護ケースの素材を考慮して選ぶようにして下さい。

1番手軽でiPhone使用時に邪魔にならない方法としては、画面保護シートがお勧めです。
シートぐらいで、落下の際に液晶画面の割れを予防する事が出来るの?
そんなふうに疑問に思う人もいるかもしれません。

ですが画面保護シールも進化し、ガラスの素材のものだと保護力は高いと言えるでしょう。
従来品は、タッチパネルがやりづらくなる、貼る時に気泡が入ってしまうなどのデメリットがありましたが、最新のものは全く気になりません。

このようにiPhone液晶画面の割れを予防するグッズは、たくさんあるため、上手に活用してiPhoneの故障を未然に防ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 iPhone修理に出す前に確認すること All rights reserved.