0

iPhone修理の故障の三大要因は

Posted by author on 2018年6月8日 in 未分類 |

iPhone修理を経験した事があるという人も多いのではないでしょうか?
では今後iPhone修理を極力せずにすむように、iPhoneの故障の原因を知り、扱い方に注意しましょう。
まずiPhoneの故障で1番多いケースが画面割れです。
画面にヒビが入ったまま使用しているという人も多いですよね。
iPhoneは、液晶画面がそのままタッチパネルになっています。

そして移動中などに端末操作する人も少なくないでしょう。
その結果、画面に集中するあまり、周囲をよく見ずに、物にぶつかってしまい、手から落としてしまうなど、画面が破損する事が多いのです。

またiPhoneは精密機器なので、落下時に液晶画面が壊れていない場合でも、内部は大きなダメージを受けている可能性もあります。
バッテリーから液漏れして、部品の一部が曲がってしまい、電気経路が上手く繋がらなくなるなども、故障の原因となります。

そして液晶割れの次に多い故障が、バッテリーや水没が原因の故障です。
iPhoneに変えてから、バッテリーの消耗が早すぎると感じた事がある人は多いでしょう。
iPhoneは液晶パネルなので、従来の携帯電話と比べて、バッテリーの消耗度合いが大きくなっています。

それにアプリの数も増え、アプリを複数起動して使用する事も珍しくありませんよね。
アプリも負荷が大きくバッテリーを消耗してしまいます。
iPhoneが多機能になり利便性が高まったからこそ、バッテリーの劣化による故障が増えたち言えます。
iPhoneの充電中にケーブルに刺した状態で、iPhoneを使用しているという人もいるかもしれません。
しかし充電中、iPhoneは熱を持った状態なので、この状況で使用するとバッテリーはもちろん、他の精密機器にも負荷が加わるため、故障の原因になるので注意して下さい。

iPhoneが動かなくなってしまった原因は?http://repairhonpo.com/blog_single/yokohama/?id=8910

iPhoneの水没の原因は、水回りでも使用してしまうからです。
私達は日常生活の中で、いかなる状況でもiPhoneを手放す事が出来ません。
その結果、トイレや入浴時にも使用している人もいるでしょう。

そして手が滑って水の中に落としてしまうと、水没故障の原因となります。
雨の日の使用もそうですし、飲み物を飲みながらに使用、他にも夏に自分の汗でiPhoneが水没したなんてケースもあるので、注意しましょう。

iPhoneの故障の原因の多くは、画面割れ、バッテリーの劣化、水没のいずれかに該当します。
逆に言えば、この3つの要因に気を付けていれば、iPhoneの故障を予防出来るという事ですよね。
1日でも手元にないと不便なぐらい日常に、密接しているツールなので、故障せずに出来るだけ長持ちするように使用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 iPhone修理に出す前に確認すること All rights reserved.