0

iPhone修理を受け付けしている場所

Posted by author on 2018年6月25日 in 未分類 |

iPhoneが壊れて使えない状態になったら、非常に困りますよね。
ではiPhoneが壊れた時に、iPhone修理はどこで修理してもらえばいいのでしょうか?

iPhone修理を受け付けしてくれる場所は、複数存在しています。
大きく大別すると、Apple Store、正規サービスプロバイダ、携帯のキャリアショップ、非正規の修理業者となります。

やはりiPhoneを製造しているApple Storeが最も安心感があるかもしれません。
ただしApple Storeは、全国に8箇所しか存在せず、しかも事前予約が必要となります。
そのため自宅の近くにApple Storeが存在し、直接持ち込む事が可能という人は少ないでしょう。

Apple Storeでは、送料はApple負担で配送修理サービスも行っています。
ですが、配送修理サービスを利用した場合は、即日修理は当然ながら難しいと言えます。

では次は、携帯のキャリアショップに持ち込む方法を紹介します。
ソフトバンクでは、2016年からiPhoneの点検・修理サービスを開始しています。
ただし、全ての店舗で修理が可能な訳ではないので、事前に確認して下さい。

そして修理が可能なiPhoneも限定されていて、ソフトバンクで購入したiPhone4以降の機種となっています。
修理にかかる日数は、本体交換修理の場合は、3~5日程度。
バッテリー交換、ディスプレイ交換の場合は、即日修理が可能となっています。

auショップも2016年からiPhoneの店頭修理を受け付けています。
auショップでは、全店でiPhone修理の初期診断やApple正規サービスプロバイダの予約案内を行っています。
なので、auショップでiPhoneを購入した場合は、故障の際には一度auショップに持ち込むと対応方法を教えてもらう事が可能です。

Apple Storeを利用したいけれど、直営店が近くになく、配送修理だと時間がかかるから待てない。
そんな人にお勧めなのが、Apple正規サービスプロバイダです。
Apple正規サービスプロバイダとは何かというと、Appleの認定を受けた店舗の事です。

そのためApple製品の保証が適用され、Apple認定技術者がAppleの純正部品を使って修理を行ってくれるので安心感があります。

ちなみに正規サービスプロバイダは、どこにあるのかというと、Appleサポートのアプリから検索が可能です。
主にカメラのキタムラやビックカメラ、クリックガレージなどのチェーン店で行っているので、全国に多数存在しています。

Appleの修理の保証に入っていない場合、正規で修理を依頼すると、非常に高額な修理代が発生します。
そんな時に修理費を抑えたい人であれば、非正規修理を利用する方法もあります。
あくまで非正規ですが、本体の交換以外の修理であれば、修理する事が可能です。

そして店舗によって対応が異なりますが、パーツの交換修理であれば、データが消去しない事も魅力だと言えます。

ただしデメリットとしては、修理に使用するパーツが純正品ではありません。
そのため指紋認証などの修理になると、使用不能になるケースも多発しています。
さらに非正規店で修理を受けてしまうと、保証期間であっても正規店での保証が受けられなくなります。

なので、保証期間内であれば、正規店で修理を受ける事をお勧めします。

0

iPhone修理って自分で出来るの?

Posted by author on 2018年6月20日 in 未分類 |

iPhone修理は、お店で修理をしてもらうと、料金が高額になってしまいます。
お金がないという時に、それなら自分で修理をしようと考える人もいるかもしれません。
確かに、ネットではiPhoneの修理用にパーツが販売されています。

そして自分で修理を行えば、お店で修理してもらう金額の半額以下で修理する事も可能です。
ではiPhoneの自己修理について紹介します。

iPhoneの自己修理に関して言えば、修理方法がネットで公開されています。
そのため手先が器用は人で、複雑な故障ではなければ、素人でも十分に修理する事は可能だと言えます。

iPhoneの自己修理では、最初にデータのバックアップを取っておきましょう。
そして必ずiPhoneの電源を切った状態で、分解するようにして下さい。
バッテリーの劣化のために、バッテリーを交換したいという人もいるかもしれません。

バッテリーを交換するだけなら、簡単そうだし出来そうと思いますよね。
しかしバッテリーの交換には、注意が必要です。
なぜかというと、iPhoneにはリチウムイオンのバッテリーが使用されているためです。
そしてこのリチウムイオンのバッテリーは、空気に触れると発火しやすいので、取扱いには注意して下さい。

iPhoneのバッテリーには、強力な両面テープで固定されています。
交換をするためには、このテープを丁寧に外さなければいけません。
この時にピンセットで、外そうとするとバッテリーに穴が開き、発火の原因となってしまいます。
なので、プラスチックのヘラなどを使用して、外すようにして下さい。

iPhoneの自己修理で、バッテリーの交換ではなく、ディスプレイを交換したいという人もいるでしょう。
ディスプレイの交換する方法も、やはり最初は電源を切るところからスタートします。

ディスプレイを外すには、iPhone専用の特殊な星型ドライバーが必要となります。
普通のマイナスドライバーで、ネジを無理に外そうとすると、故障の原因となるので、修理するパーツと一緒に星型ドライバーも購入して下さい。

ディスプレイは、本体とケーブルで繋がっています。
そのため、ケーブルを固定している板ごと外す必要があります。
その他、故障したディスプレイから、新しいディスプレイに交換する際に、フロントカメラのパーツ、イヤースピーカー、ホームボタンと固定する金属板、バックプレートを外さなければいけません。

そして新しいディスプレイに、外したパーツを取り付けなければいけません。
かなり細かい作業で手間がかかってしまいます。
そのため、ディスプレイの交換の自己修理は、手先が器用な人でなければ、難易度が高いと言えます。

自己修理をする際の注意点は、自己修理をした時点で、保証が適用されなくなる事です。
そのため自己修理で無事成功すれば問題ありませんが、失敗した際に余分な修理費が発生する事を理解しておきましょう。

0

iPhone修理にならないための予防グッズ

Posted by author on 2018年6月14日 in 未分類 |

iPhone修理で故障の原因の堂々の1位は、液晶画面が割れてしまう事です。
ですが、iPhoneの液晶画面割れの対策グッズは、いろんな商品が販売されています。
iPhoneの液晶画面が割れて、iPhone修理に出したり、iPhoneを買い換えたりする事に比べたら、対策グッズはどれも安いと言えます。

ではどのような対策グッズが存在するのか、いくつか紹介していきます。
まず液晶画面が割れる原因は、操作中に手が滑ってiPhoneを落下させてしまうためです。
なので、落下防止グッズを使用しましょう。

例えばiPhoneにストラップを付けて、指や手に巻いた状態でiPhoneを操作すれば、地面に落とす心配はなくなります。
またストラップを付ける事で、一目で自分のiPhoneだと目印になりますし、オシャレ度もアップするので、お勧めです。

バンカーリングも、落下防止グッズとして人気があります。
バンカーリングとは、iPhoneの裏にリングを貼りつけ、iPhoneを操作する時に、そのリングに指を通します。そうする事で、iPhoneが指に固定され、落下防止になるという訳です。

ただしバンカーリングは、長時間iPhoneを操作する際に、リングに入れた指が疲れてしまうというデメリットがあります。
またiPhoneの裏に貼りつける事で、iPhoneのかさが増し、ポケットに入れづらく感じるかもしれません。

ストライプとリングが一体化したのか、フィンガーリングです。
フィンガーリングは、指に入れる事も、スボンのバンドに通す事も可能です。
落下防止グッズの中では、1番使い勝手がいいと言えるのではないでしょうか?

次は、落下防止グッズではなく、落下した際の衝撃を緩和させるグッズを紹介します。
画面割れ予防グッズと聞いて、真っ先にイメージするのが、保護ケースという人も多いでしょう。
保護ケースも人気があり、かなりデザインも豊富に販売されています。

ただし注意点としては、iPhoneのサイズと保護ケースのサイズが複数種類あるため、選んだものが入らないという事が稀にあります。
そして保護ケースは、万能ではないという事です。
確かに、落下の衝撃をある程度緩和する事が可能ですが、保護ケースを付けていても画面が割れる可能性はあります。

そのため保護ケースを選ぶ時には、デザイン性以外にも、衝撃吸収の性能と保護ケースの素材を考慮して選ぶようにして下さい。

1番手軽でiPhone使用時に邪魔にならない方法としては、画面保護シートがお勧めです。
シートぐらいで、落下の際に液晶画面の割れを予防する事が出来るの?
そんなふうに疑問に思う人もいるかもしれません。

ですが画面保護シールも進化し、ガラスの素材のものだと保護力は高いと言えるでしょう。
従来品は、タッチパネルがやりづらくなる、貼る時に気泡が入ってしまうなどのデメリットがありましたが、最新のものは全く気になりません。

このようにiPhone液晶画面の割れを予防するグッズは、たくさんあるため、上手に活用してiPhoneの故障を未然に防ぎましょう。

0

iPhone修理の故障の三大要因は

Posted by author on 2018年6月8日 in 未分類 |

iPhone修理を経験した事があるという人も多いのではないでしょうか?
では今後iPhone修理を極力せずにすむように、iPhoneの故障の原因を知り、扱い方に注意しましょう。
まずiPhoneの故障で1番多いケースが画面割れです。
画面にヒビが入ったまま使用しているという人も多いですよね。
iPhoneは、液晶画面がそのままタッチパネルになっています。

そして移動中などに端末操作する人も少なくないでしょう。
その結果、画面に集中するあまり、周囲をよく見ずに、物にぶつかってしまい、手から落としてしまうなど、画面が破損する事が多いのです。

またiPhoneは精密機器なので、落下時に液晶画面が壊れていない場合でも、内部は大きなダメージを受けている可能性もあります。
バッテリーから液漏れして、部品の一部が曲がってしまい、電気経路が上手く繋がらなくなるなども、故障の原因となります。

そして液晶割れの次に多い故障が、バッテリーや水没が原因の故障です。
iPhoneに変えてから、バッテリーの消耗が早すぎると感じた事がある人は多いでしょう。
iPhoneは液晶パネルなので、従来の携帯電話と比べて、バッテリーの消耗度合いが大きくなっています。

それにアプリの数も増え、アプリを複数起動して使用する事も珍しくありませんよね。
アプリも負荷が大きくバッテリーを消耗してしまいます。
iPhoneが多機能になり利便性が高まったからこそ、バッテリーの劣化による故障が増えたち言えます。
iPhoneの充電中にケーブルに刺した状態で、iPhoneを使用しているという人もいるかもしれません。
しかし充電中、iPhoneは熱を持った状態なので、この状況で使用するとバッテリーはもちろん、他の精密機器にも負荷が加わるため、故障の原因になるので注意して下さい。

iPhoneが動かなくなってしまった原因は?http://repairhonpo.com/blog_single/yokohama/?id=8910

iPhoneの水没の原因は、水回りでも使用してしまうからです。
私達は日常生活の中で、いかなる状況でもiPhoneを手放す事が出来ません。
その結果、トイレや入浴時にも使用している人もいるでしょう。

そして手が滑って水の中に落としてしまうと、水没故障の原因となります。
雨の日の使用もそうですし、飲み物を飲みながらに使用、他にも夏に自分の汗でiPhoneが水没したなんてケースもあるので、注意しましょう。

iPhoneの故障の原因の多くは、画面割れ、バッテリーの劣化、水没のいずれかに該当します。
逆に言えば、この3つの要因に気を付けていれば、iPhoneの故障を予防出来るという事ですよね。
1日でも手元にないと不便なぐらい日常に、密接しているツールなので、故障せずに出来るだけ長持ちするように使用して下さい。

Copyright © 2018 iPhone修理に出す前に確認すること All rights reserved.